医療機関による治療費約50万円(交通事故によるもの)の催促から解放された事例

事故発生場所:福岡市中央区

30代 男性 社会人

ご相談のきっかけ

相談者は、30代男性の社会人野方です。夜道に住宅街を歩いていたところ、前方から来た車両とすれ違いざまに接触し、相談者が左手全体の打撲や擦過傷等の受傷を負う交通事故に遭われました。
相手方は外国人で、任意保険の加入状況が不明であり、相手方自身も相談者の治療費負担を拒んでいました。
そして、医療機関より交通事故による治療費の未払料金として、相談者が約50万円の請求を受けていました。

解決の方針

ご相談を受け、詳細をお伺いしたところ、そもそも医療機関から自由診療料金での治療費の請求を受けておりました。
不幸中の幸いか、相手方が車両ということで、自賠責保険を使用できたことから、速やかに自賠責保険への請求を行うこと可能と判断しました。
当事務所において、自賠責保険へ請求を行うことで、①治療費約50万円は自賠責保険から支払われる可能性があること、②自賠責保険に請求することで、相談者にも慰謝料が支払われること、③弁護士に依頼することで、本件に関する不安を払拭できること(二次災害から守ること)等も見込めました。

その後の結果

自賠責保険への手続きを経て、解決の方針のとおり、①治療費全額は自賠責保険から直接支払われ、②相談者へも自賠責保険金(慰謝料等)が支払われました。
また、当事務所の受任から、自賠責保険金の請求を迅速に行うことで、相談者に速やかな自賠責保険金が支払われ、かつ医療機関から度々くる入金の催促もなくなり、非常に満足されておりました。

弁護士からのコメント

相談者は、医療機関から度々くる治療費の支払い催促に困り果てており、非常に多きなストレスを感じておりました。また、一般的に自賠責保険請求の仕組みも認知されておりませんので、このようなケースでお困りの交通事故被害者は、多数おられることと思われます。
今回のケースにおいては、迅速かつ正確な自賠責保険手続きが求められましたが、スムーズな自賠責保険請求が出来たと思います。
当事務所では、どのようなケースでも、相談者にとって最善の解決を目指せるよう知識の研鑚に努めておりますので、少しでもお困りのことや悩まれていることがあれば、お気軽に当事務所までご相談ください。

交通事故被害でお悩みの方
お気軽にお問い合わせください。