生活のリズムが狂う - 福岡の交通事故弁護士

生活のリズムが狂う

生活のリズムが狂う

高次脳機能障害の症状として、生活のリズムが狂うことがあります。

規則正しい生活は健康を維持するためにも、社会生活を送るためにも重要なことの1つです。 しかし、交通事故による高次脳機能障害の場合、昼夜が逆転する等、生活のリズムが狂うといったことが多々あります。 これは、意欲・発動性の低下により昼間ボーッとして過ごしてしまい夜眠れなくなる、欲求のコントロールができずにネットやゲームに夢中になりすぎる、といったことが原因で現れると考えられています。 高次脳機能障害により上記の症状がみられる場合には、弁護士にご相談されることをお勧めします。
こんな症状ありませんか?
  • 昼間ボーッとしているため夜眠くならない
  • 深夜でもネットやゲームを何時間もしてしまう