欲求コントロールの低下 - 福岡の交通事故弁護士

欲求コントロールの低下

欲求コントロールの低下

高次脳機能障害の症状として、欲求コントロールの低下という症状があります。

高次脳機能障害の症状として、食べること、買い物、ギャンブルなどの欲求に対する抑制がなくなることがあります。 この場合、食欲、物欲、ギャンブル等に対して、その衝動が抑えられないといった症状が現れることがあります。 高次脳機能障害により上記の症状がみられる場合には、弁護士にご相談されることをお勧めします。
こんな症状ありませんか?
  • 食事の時、人の分まで食べてしまう
  • ネットショッピングにはまってしまう
  • 同じ相手に1日何十通もメールを送る