行動開始の障害 : 行動が億劫になる - 福岡の交通事故弁護士

行動開始の障害 : 行動が億劫になる

行動開始の障害 : 行動が億劫になる

高次脳機能障害の症状の1つとして、『行動開始の障害』という症状が生じることがあります。

高次脳機能障害の症状の1つとして、何かの行動を起こすときに物事に取りかかることが出来ない『行動開始の障害』という症状が生じることがあります。 その行動自体ができないのではなく、やる気がないのでもありません。自発性が低下し、自分自身でスタートを切ることができないのです。 ただし、第三者から促され、いざ行動を始めてしまうと、その後の行動は問題なくできてしまうことが多々あります。 高次脳機能障害により上記の症状がみられる場合には、弁護士にご相談されることをお勧めします。
こんな症状ありませんか?
  • やらなければならないことは分かっているが、他人から促されないと始められない
  • 動作が途中で止まってしまうことがある