交通事故に遭ったらどうすればいいですか?

交通事故に遭ったら、以下の確認を行いましょう。

必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
任意ご相談内容

分かる範囲で結構ですのでご記入お願いします。

任意事故の種類
任意弁護士費用特約 ついているついていない不明
任意任意保険(加害者) 加入未加入ひき逃げ
任意傷病名
任意示談提示 ありなし

 

1.警察へ事故の届出

交通事故が発生したら、必ず警察へ連絡を行いましょう。

警察へ連絡すると、後日「交通事故証明書」という書類が作成されます。

また、任意保険に加入しているのであれば、ご加入の保険会社へも事故の届出を行いましょう。今後の保険対応がスムーズになります。

 

2.加害者の情報を確認

⑴加害者車両の自動車ナンバー

加害者は必ずしも自動車登録事項証明書(車検証)を車内に保管しているとは限りません。

加害者車両の自動車ナンバーを控えておくと、後日何かあった際に、被害者側でも加害者の自動車登録事項証明書(車検証)を取得することができます。

⑵加害者の名刺

加害者が勤務中の事故であれば、加害者の勤務先も使用者責任として問える可能性があります。必ず加害者の勤務先や連絡先を控えておきましょう。

⑶加害者の運転免許証

住所、氏名を確認しておきましょう。

⑷自動車登録事項証明書(車検証)

車検証には、自動車の所有者と運転者の記載がされております。所有者と運転者が異なる場合、所有者の情報も記録しておきましょう。万一、加害者(運転者)が経済的に困窮し賠償が困難な場合であっても、所有者から賠償を受けられる場合もあります。

⑸加害者の自賠責保険・任意保険

任意保険会社名と自賠責保険会社名を確認しておきましょう。

⑹加害者の事故直後の話

後日、加害者の言い分が変わる場合もあります。ドライブレコーダー等で客観的に事故状況が確認できない場合は、双方の言い分に争いがでると解決が難しくなるため、事故直後に加害者の説明(どうして事故が起きたのか)を録音・記録しておきましょう。

⑺現場の写真を撮影しておきましょう。

ご自身のスマートフォンで構いませんので、車両の損傷部位はきちんと撮影しておきましょう。損傷部位を記録として残しておくと、損傷部位から事故の推測を行う際や、双方の主張が異なった場合に、あなたの主張を補強する材料になる可能性があります。

 

事故に遭うと大変だと思いますが、ここまでやっておけば事故直後の行動として十分です。

交通事故被害でお悩みの方
お気軽にお問い合わせください。