麻痺 - 福岡の交通事故弁護士

麻痺

麻痺

高次脳機能障害の症状として麻痺がおこることがあります。 脳性麻痺と言われるものです。脳損傷の場合は、身体が硬直するが多いという傾向があります。 左右感覚が悪くなると、足をぶつけて怪我をすることがあります。 温度感覚が分からなくなり、火傷をしてしまうという感覚器の異常が生じることがあります。 交通事故で脳の損傷を受けた場合、後遺障害の認定については当事務所までご相談ください。