性格の変化 - 福岡の交通事故弁護士

性格の変化

性格の変化

高次脳機能障害の症状として性格の変化があります。 これまで興味を持っていたことに全く興味を示さなくなったり、明るい性格だったのが、無口になったりという変化が生じることもあります。 逆に、交通事故の前は片付けができなかったのに、事故の後には几帳面になるという変化が起きることもあります。 性格変化は、医師が診察室で話を聞くだけでは分からず、家族しかわからないことも多いため、高次脳機能障害として見落とされがちですので注意が必要です。 交通事故の脳障害によって、性格の変化が現れた場合には、高次脳機能障害の可能性がありますので、当事務所までご相談ください。

こんな症状はありませんか?

  • 毎週ゴルフをしていたのに、全く興味がなくなった
  • 被害妄想がある
  • 飼っていた動物が好きだったのに、全く世話をしなくなった