人格機能の低下 子どものようになる

高次脳機能障害の症状の1つとして、人格機能が低下し、子どものようになることがあります。

高次脳機能障害の症状の1つとして、人格機能が低下し、父親が子どもと本気でお菓子の取り合いをしたり、妻の行くところにどこへでもついて行こうとするなど、年齢相応の行動が取れず、社会に溶け込めなくなってしまうことがあります。

本人は社会的にはおかしいと自覚している場合もあり、外では年齢相応に振る舞いながら、家庭でのみ子どものような行動をすることもあります。羞恥心が欠如するということもあります。また、我慢ができなくなることもあります(脱抑制)。

交通事故による脳の損傷により上記の高次脳機能障害の症状がみられる場合には、弁護士にご相談されることをお勧めします。

こんな症状ありませんか?
  • 子供と本気でケンカをする
  • 妻の後をついてまわる
  • 1人で出かけられない、付いてきてもらいたがる

交通事故被害でお悩みの方
お気軽にお問い合わせください。