選択的注意障害 : 注意が散漫

交通事故による高次脳機能障害の症状として注意が散漫になるという症状があります。

これを“選択的注意障害”と呼ぶこともあります。

選択的注意とは、複数ある情報の中から必要なものだけを選ぶことです。
例えば、大勢の人の中から友人を見つける、賑やかな場所で自分に話しかけられた声を聞き分けるといったことです。

この選択的注意に障害があると、あらゆる場面で見落としや聞き漏らしが増えます。
また、他の社員がいるオフィスでは、気が散って仕事に集中できないといった症状が出ることもあります。

高次脳機能障害により上記の症状がみられる場合は弁護士にご相談されることをお勧めします。

こんな症状はありませんか?
  • 注意が散漫
  • いつもそわそわしている
  • 気が散りやすい
  • 会話についていけない

交通事故被害でお悩みの方
お気軽にお問い合わせください。