後遺障害の等級が2つ以上認められた場合、等級はどうなりますか? - 福岡の交通事故弁護士

後遺障害の等級が2つ以上認められた場合、等級はどうなりますか?

後遺障害の等級が2つ以上認められた場合、等級はどうなりますか?

自賠法施行令別表第2に掲げる後遺障害が2以上ある場合、次のように 取り扱われます。
  1. 5級以上の後遺障害が2以上ある場合、重い後遺障害等級の3級上位の等級に繰上げます。
  2. 8級以上の後遺障害が2以上ある場合、重い後遺障害等級の2級上位の等級に繰上げます。
  3. 13級以上の後遺障害が2以上ある場合、重い後遺障害等級の1級上位の等級に繰上げます。

併合による等級の繰上げ

最上級の等級
1級から5級6級から8級9級から13級
次順位の等級1級から5級最上級の等級 +3級
6級から8級最上級の等級 +2級最上級の等級 +2級
9級から13級最上級の等級 +1級最上級の等級 +1級最上級の等級 +1級
なお、14級はいくつ認められても14級のままで等級が繰り上げられることはありません。しかし、併合14級という取り扱いになります。

Point

たとえば、後遺障害等級4級7級の場合、4級が最上級の等級であり、7級が次順位の等級となります。そのため、最上位の等級である4級を2等級繰上げて、併合2級になります。